緊張して話せない。緊張をほぐす方法は?呼吸が有効?音楽を聞く?

Squirrel

緊張をして、人前で話すことができない。
そんな想いを持っている人は、とても多いのではないでしょうか?

普通の人はもちろん、虚言癖の人も、
いざ本心で話そうとすると緊張して、また嘘がでてきてしまうことがあるかもしれません。

しかし、緊張をほぐすことが出来れば、
落ち着いて、素直にあなたの想いを話すことはできますよね。

そこで、今回は、誰でも使える緊張をほぐす方法について、
お話をしていきます。

緊張をほぐす方法は?

沢山調べると、いくつもほぐす方法が出てきますが、
その中で、私が有効だと思った方法を書いていきます。

①思いっきり全身に力を入れる。

これ、意外に有効です。

緊張をすると、肩に力が入ってきてしまい、
更に緊張が増しますよね。

そんな時、思いっきり全身に力を入れてみてください。
5秒ぐらいの短時間で構いません。

そうすると何が起こるかというと、
なんと力を抜いた瞬間、肩の力が一気に抜けるんです。

今までが嘘だったように、
体がリラックスします。

緊張をすると、絶対肩に力が入ってしまうという人は、
是非試してもらいたい方法です。

②笑ってみる

これも有効な方法です。

例えばホラー映画などで、
物凄いパニックになって笑い出してしまう人が出てきたりしますよね。

そういった時に笑って、リラックスしようとする。
人間の自然な機能なんです。

なので、緊張したら、笑ってください。
声を出して笑ってもいい。出来なければ笑顔を思いっきり作っても大丈夫です。

笑って、緊張をほぐしていきましょう。

呼吸が有効?

上記2つ以外にもとても有効なのが、
呼吸を整えることです。

というのも私自身が非常に緊張するタイプだったので、
いつも人前で話したり、本心を出そうとすると物凄い緊張していました。

その時、私の尊敬する人が教えてくれました。
「呼吸が浅くなっているぞ。」と。

呼吸が浅くなると、心拍数が上昇するので、
どんどん緊張してしまうんですね。

なので、「緊張してる!?」と思ったら、
15秒で一呼吸をしてみてください。

5秒吸って、10秒吐いてみてください。

それだけで、一気に呼吸が整い始め、
緊張がほぐれてきます。

とても有効な手段なので、
是非試してみてください。

音楽を聞く?

音楽も非常に有効です。

音楽といっても、いろいろなジャンルがあるので、
状況によって聞く音楽を変えてみてください。

①リラックスできるヒーリングミュージック
例えば、砂浜に打ち寄せる波の音は、人間の睡眠時の呼吸と同じくらいの周期なんだそうです。
ですので、それを聞くことで休息の感覚を呼び起こすと言われています。

こういった自然音を取り入れたヒーリングミュージックを聞いたり、
クラシック音楽などを聞くことでリラックスすることができます。

著者は結構クラシック好きなので、
よくモーツァルトやバッハの曲を聞いていました。

また、ホルストの惑星 (組曲)の木星もよく聞いていました。
個人的にこの辺りは非常に落ち着きます。

②アップテンポな曲。
よくスポーツ選手の人が試合前に音楽を聞きながらコンディションを整えていますよね。
もちろん、そこまでテンションを上げる必要はないとはいえ、
不安を押しやったり、意欲的な表情につながる可能性があります。

③自分のお気に入りの曲
自分の思い出の曲を聞いて、その時を思い出したり、
好きな曲を聞いて、元気をもらったり、
これらも非常に有効です。

また、これは私がたまにやるのですが、
その曲のテーマのキャラクターになりきる事があります(笑)

本心を向き合って話す前に、
ロッキーのテーマを聞いて、ロッキーになりきったり、

冷静になりたい時に、ゼルダの伝説というゲームのオカリナの曲を聞いて、
冷静になったりしていました。

そういった使い方をして、
緊張をほぐすのもありですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どれも実際に試してみて、私自身非常に効果があったものなので、
是非緊張をしてしまうという人は試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 七 = 14

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>