自信がないから強がってしまう原因は?どうしたら自信を持てますか?

1620c4248018199d3f54d6b12a338856_s
1620c4248018199d3f54d6b12a338856_s

何をやるのも怖い、他人の目が気になって動けない。失敗するイメージをしてしまう。

そんな人は多いのではないでしょうか。

だから毎日が嫌になったり、褒められてもお世辞にしか感じられなかったり、
根拠の無い自信を出したり、嘘でも自信があるように見せたりしてしまう。

誰もが経験したことがあると思います。

今回は、虚言癖の立場から、自信がない原因や、自信を持てるようになる方法をお話したいと思います。

自信がないから強がってしまう原因は?

誰もが迷いを生じたり、やっていることがうまくいかなかったりすると、
自信を失っていくと思います。

そういった時に、人は何かを身につけて自信をつけようとします。

例えば、
・資格を取って自信をつけよう
・勉強をして知識がつけば、できるようになるかも・・・。
・こんな人が知り合いにいたらなぁ・・・。

など、周りに目を向け始めると思います。

また、虚言癖の人の場合だと、
・○○できるよ!と、できないにも関わらずできるように振る舞う
・有名人の知り合いがいるよ、などの嘘をついてすごい人間に見せようとする。
・出来る人に嫉妬して、張り合おうと嘘をついてしまう。

ということがあると思います。

ともかく自分ができない人間だと認めたくないのです。
そして、一番は自分のことが好きでないために、自信がでないのです。

僕自身、自分のことを好きになれなかったし、
自分を信じることができませんでした。

本当にやればできるのかもしれないのに、
僕にはできないだろうと思って、自分を信じれず、
結果できる自分を演じて、嘘をついてごまかしていました。

僕自身、例えばあんまり恋愛経験もないのに、
「俺、よくそこ遊びに行ったことあるよー。」と嘘をついたりしました。

自分に自信がなかったんですね。

よく自己啓発などでも、「今できなくてもできるように振る舞っていれば、それが現実化する。」
というような話もあるかと思いますが、

いくらなんでも、できるように振る舞って信じているだけでは現実化しません。
でも、できるように振る舞って行動すれば、それは現実化するかもしれません。

では実際に、自信をつけるためにはどうすればよろしいのでしょうか?

自信を持つには?

そもそも自信というものは、持つものなのでしょうか?
私は自信は持つものではないと思っています。

ゲームで例え話をします。
RPGを思い浮かべて下さい。

例えば、今あなたはレベルが10の、かけだし冒険者です。

まだまだモンスターと闘うのも自信がないし、
本当に最後のダンジョンまで行くことができるのか、正直不安です。

なので、ともかく今すぐ何とかしようと、
強い武器や装備、仲間を探し始めます。

そこで、仮に強い武器と防具をゲットできたとしましょう。

2110227637_59870d2500_o

確かにそれを装備することで、ステータスはあがるし、
ある程度のレベルまで通用できるようになりますね。

本人のレベルはとても低いですが、
それでも外見はとても強そうに見えます。

それを利用して、場合にとっては人を騙したりすることもできるかもしれません。
そして、そうやって強そうに思えてもらうことが、とても嬉しくなってきます。

そして、それをバカにしたりするような人には恐怖と怒りが湧き、
その人に対して嫌がらせをする人も出てくるでしょう。

人から「あなた強そうだね!」と言われるととても嬉しいですが、
中身の自分は弱いので、内心は複雑な気持ちになると思います。

さてそうやっているうちに、装備にもいつか限界がきます。
物によっては傷んだり、壊れてきます。

そうすると、だんだん弱い自分が表に出てきてしまいますよね。

それが致命傷になってしまう・・・。
そんなことがあると思います。

そして、素の弱い自分が見えること。
それはとてもこわいと思います。

でも、多くの人がそうします。
自分自身のレベルを上げる前に、そういった装備を求めようとします。

でも違うんです。

自分の中身こそ、強くしないといけないのです。

そして、そのためには本心を出さないといけないし、
自分と沢山向き合う必要があります。

いつまでも装備で固めていると、
それがなくなった時、いろんな物を失います。

僕はそれで、信頼を失ったり、友達を失ったり、恋人を失ったり、お金を失ってきました。
でも、ある時をきっかけに本心を出すようにしはじめてから、
そういったことはなくなっていきました。

大事なことは、素直であること。
そして、本心を出せる場所があれば、どんどん出すこと。

正直なところ、
自分は何でもできる!!と思って、できないこともできると言うよりも、
自分ができる事、できない事がしっかりわかっているほうが自信が出ます。

私自身、自分と沢山向き合い、またそういったご縁があって、
自分ができること、できないこと、良い所、悪い所がわかってきました。

それからは、だんだんと自分に自信が出てきて、
今はとても楽しい毎日を過ごしています。

まずは、外に何かを求めようとせず、
自分の中に向き合っていきましょう。

向き合うための考え方は、
この記事で書いているので、是非参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

嘘で塗り固める必要はありません。
もちろんそう思っても、嘘が出てきてしまうことはあると思います。

大事なのは、そういった意識を常に持ち続けること。
本心で向かっていこうという意識を常に持つこと。

それが、自信をつけるための手がかり、足がかりになりますよ。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


五 × = 25

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>