孤独から抜け出すための方法とは。

2321286393_c5beae83c3_o

甘い物が大好きな人も、好きじゃない人も、
こんにちは、ノブヒロです。

今回は、

「周りから信頼されなくて孤独だ。」
「なかなか理解してくれる人がいなくて、寂しい。」
「本音を話せる友人がいない。」

など、孤独を感じ、悩まれている方に向けたお話をしていきます。

もちろん、虚言癖でお悩みの方にも役立つお話になっていますので、
是非最後まで読んでみてくださいね。

孤独から抜け出すための方法

その方法をお話する前に、私のお話をしていきます。

今までの記事でも沢山書いてきましたが、
私も沢山孤独を経験してきました。

・部活に馴染めず、1人で練習する(後に改善しますが)
・家族の前で本音を出せず、家で孤独を感じる
・理想の自分と現実の自分のギャップに苦しみ、引きこもりがちになる。

その時の私は、とにかく「本音を出すのが怖かった」んです。
本音を出せば、人から余計に嫌われるし、家族にも受け入れられないだろうと思っていました。

大切な彼女にフラれた時や、友人を1人失った時は本当に辛かったですし、
孤独を感じすぎて、学校を休んで、1日引きこもったこともありました。

そんな今だからこそ、
「どうしてそこから変われたんだろう?」と考えてみたのですが、

私は恐怖がきっかけだったと思っています。

4278463585_67b11d542e_o

というのも、当時は私フリーターで、
「このままじゃ生活がギリギリで苦しい・・・。」
「自分に何かあったら、生活できなくなるかもしれない。怖い。」
「そして人から悪いイメージで見られるのが怖い。親から見放されるのが怖い。」

という思いがありました。

・生活ができなくなるかもしれないという恐怖
・人から見放されていく恐怖

この2つの恐怖が日に日に強くなっていき、
「変わらなきゃ!!」と思うようになったんです。

そしてまずは勉強しようと、セミナーに参加するようになり、
そこで、2人の恩師と出会い、そのコミュニティに属することで、少し安心するようになりました。

ですが、安心したことで、自分の成長を止めてしまったんですね。

そこでトドメに、
以前生い立ちの話にも書いた、
「俺の前から消えろ!」という言葉を受けました。

これが、物凄い恐怖だったんです。

やっと自分から変わろうと思って頑張ったのに、
また人から捨てられてしまう・・・!!!

もう本当に怖くて怖くて仕方なかったんですね。

それがきっかけで、とことん自分を変えようと思いましたし、
結果、今はとても元気に、生きれるようになりました。

何が言いたいかというと、
今、孤独で悩んでいる方の皆さんにも、

何か怖いことってありませんか?

恐怖を感じることってありませんか?

そういった想いがあるなら、
絶対に変わることができるんですよ。

恐怖があるというのは、孤独から抜け出すことができる。
前に進むことができる要素を持っているんですよ。

でも、なかなか孤独を感じているうちは、
自分が本当に怖いことって、よくわかってないと思います。

ただ漠然と怖い。
という気持ちが強いのではないかと思います。

ですので、もし今孤独を感じ悩んでいる方は、
一度自分が感じている恐怖を探してみましょう。

ノートに書きだすもOKです。

「唯一の話友達がいなくなったら・・。」
「大事なパソコンがなくなったら・・。」
「親から見放されたら・・・」
「仕事がクビになったら・・・。」

何でもOKです。

そういった恐怖を理解することで、
「変わらないといけない。」という思いも、また強くすることができます。

まとめの前に・・・

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

「おいおい、恐怖を感じるのが大切なのはわかったけど、
具体的にじゃあ、どうすればいいんだよ!?」

「結局、自己啓発的な話なの?」

というお話もあると思いますので、
次回、孤独から抜け出す方法を、また詳しくお話していきます。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


四 − = 2

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>