虚言癖を直したいのに、なかなか直せない理由は何故?

3873352098_0815b8b8ce_o

急に暑くなってきて、
夏が恋しい人も、恋しくない人も、
こんばんは、ノブヒロです。

虚言癖を直したい。
もっと自分を変えたい。

そういった想いがあるにも関わらず、
「なかなか変わることができない。」
「一歩進むことができない。」

という方が多くいらっしゃいます。

今回は、なかなか最初の一歩が踏めない方に向けて、
その理由と、改善方法をお話していきます。

虚言癖を直したいのに、なかなか直せない理由は何故?

何かを変えようとした時、
新しく何かを始める時、

「失敗するのが怖い。」
「嫌われるのが怖い。」
「今の人間関係がなくなるのが怖い。」
「怒られるのが怖い。」

など、そういった理由で、
最初の一歩を踏み出せない人が多いと、
私は思っています。

虚言癖だけでなく、仕事でも、人間関係においても、
失敗やうまくいかない事を想像して、進めない事が多いのではないでしょうか。

しかし

本当に動けない理由というのは、
実は、失敗が怖いからではないのです。
うまくいかないかもしれないという事でもないのです。

何だと思いますか?

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s

 

 

考えてみてくださいね。

人が変われない本当の理由

実は、人が1番変われない理由というのは、
変化することが嫌だから、なのです。

例えば、虚言癖の場合は、

「今までの嘘を認めて、恋人との関係がなくなってしまうのが怖い。」
「自分の嘘がバレて、周りからの信頼がなくなるのが怖い。」

というのが多いと思います。

良い変化でも悪い変化でも、人って変化を本当に恐れる物なんですよ。

仕事などでは特にわかりやすいと思います。

例えば、起業。
とても勇気のいることです。

「でも、今の会社をやめて、自分のやりたいことをしたい。」
という声も結構多いのも知っています。

でも、皆さんやろうとしません。

「失敗したら嫌だから。」
「うまくいかなかったらリスクが大きいから。」
という人はとても多いのですが、

本当の所は、
「今の経済状況が変わるのが怖い。」
「今の生活がガラっと変わってしまうのが怖い。」
「周りからの目が変わるのが怖い。」と、

今の環境の変化を恐れる人がほとんどだと思います。

でも、このように変われない理由には、ちゃんと理由もあって、
例えば人間の体温って、そう簡単に変わらないですよね。

毎日毎日体温が36℃→39℃→35℃なんてなっていたら、
人間は死んでしまいます。

人間は、元から今の状態を維持しようとする機能が備わっているんです。
それが、知っている人は知っている「ホメオスタシス」です。

なので、どうしても今の現状を維持しようとするのは、
人間の機能としては、間違ったことではないのです。

人生は良くなるか、悪くなるか、どちらかしかありません。

今、このまま虚言癖を持ち続けて、
あなたはどうなりたいですか?

今のままの状態で、大丈夫ですか?

本当に虚言癖を直したいのなら、
この機能に打ち勝つしかありません。

でも打ち勝って、その状態が、
あなたにとっての当たり前になれば、

逆に変わる前に戻れなくなりますし、
その良い状態が、今の通常の状態になっていくのです。

虚言癖を治す方法は、今まででも沢山お話してきましたので、
是非、そちらを読んでいただければと思いますが、

もし今、どうしても一歩を踏み出せないという人がいたら、
一度、自分の心と向き合いましょう。

なぜ自分は直したいんだろう?
なぜ、変わるのが嫌なんだろう?
そもそも、自分はどうなりたいんだろう?

そうやって、是非一度向き合ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の話は、とても重要なことですので、
是非一度向き合ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 三 = 1

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>