いつもと違う世界へ行く。習慣を改善しよう。

6215319673_883231050f_b

雨で憂鬱な人もそうでない人も、
こんばんは、ノブヒロです。

今現在、私は沖縄に来ているのですが、
いつもと違う非日常(食事、マナー、言葉)も多く、
とても新鮮で、学びになっています。

以前、非日常を大切にしましょう
というお話をさせていただきましたが、

やはりどうしても、嘘が続いてしまう。
自分を直せない。自信が出ない。

という場合は、是非一度非日常に触れてみてください。

何故ならそこには、改善のために非常に重要なエッセンスがあるからです。

今回は改めてその重要性と、
それによる虚言癖改善の方法をご説明していきます。

4690541167_004a86e389_b

非日常の重要性

人間は習慣の生き物です。

もしかしたら聞いたことがある言葉かもしれませんね。

朝起きて、顔を洗って、歯磨きをして、
そして朝ご飯を食べて、駅へ歩いて、電車に乗って、
会社について、仕事をして、お昼にいつものメンバーでご飯を食べ、
眠い中仕事をして、退社して、飲みに行って・・・・

と、毎日繰り返されている習慣が、人間なら誰しもあると思います。

私の場合は朝起きたら、まず顔を洗って歯を磨きますし、
帰ったら必ずパソコンをつける習慣があります。

人間の生活って、習慣の積み重ねで出来ているんです。

逆に言うと、この習慣を変えていかないと、人間の変化って難しいんですよ。

例えば、太っている人は、
間食、夜食をする習慣や、お菓子を食べる習慣、
運動をしない習慣、歩かずバスやタクシーを使う習慣、
食べ過ぎる習慣、毎日お酒を飲む習慣など、

そういった太る要因になる習慣で、日々の生活が構成がされていると思います。

逆に鍛えている人は、
食事を制限する習慣、栄養バランスを考えた食事を取る習慣、
筋トレをする習慣など、そういった習慣があると思います。

では、ダイエットするためにはどうするか?

もうおわかりだと思いますが、

そういった人、鍛えている人の習慣を取り入れ、
太っている習慣を減らせばいいんです。

634b869e64ee5d1140299de57f322a9e_s

しかし、毎日生活しているだけでは、
太る習慣が日常になっているので、なかなかそこから脱する事ができません。

だからこそ、非日常、今までとは違う習慣に触れることが大事なんです

触れてみないと、どんな世界がわからないので、
想像できないし、やり方がわからないんです。

本で読んで知識を得るだけでも出来ないことはないですが、
そういった習慣をしている人の習慣を真似る事が一番早いんです。

そして以前の記事でも書いたように、
非日常に触れると、気持ちもリセットされるため、
自分のパフォーマンス的にも、とてもいいんですね。

非日常に触れることの重要性、伝わりましたでしょうか?

虚言癖を改善するために

では実際に虚言癖を改善していくためには?

もうおわかりだと思いますが、
嘘をつく要因になる習慣を減らせばいいんです。

例えば、

・仕事を失敗して、隠すために嘘をついてしまう。
→事前準備、意識、繰り返さないための対策を考え、実行する習慣を作る。
何か失敗をしたら反省をするノートを作り、そこに反省と今後の対策をノートに書く習慣をつける。

・家事が面倒で、つい後回しにしてしまい、
周りに「家事ちゃんとできるよ!」と嘘をついてしまう。
→後回しにする癖を改善。家事をする習慣を作る。
レンジでごはんを温めている間に、食器をちょっと洗う。

・恋人がいると嘘をついてしまう。
→異性と出会う、話す習慣を作る。
家で引きこもっていたゲームをする習慣を減らし、新しい趣味を始め、習慣に取り入れる。など。

など、いくらでも改善できるんですね。

是非、今の自分の習慣を見直してもらいたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分を変えるなら、意識を変えるのはもちろんですが、
習慣を変えるだけで、かなり変化があるので、
是非取り組んでみてください。

 

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


2 + 六 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>