人から孤立しています。

gatag-00004262

こんばんは、ノブヒロです。

今日は、2つもブログを更新しているのに気付いて、
驚いている人もいるかもしれませんね。

先日ご相談で、
「嘘をつく癖で、周りからの信用を失ってしまい、孤立しています。」
「1人が好きというわけではないのですが、今は1人が楽になってしまっています。」
というご相談を受けました。

それから以前の非日常を大切にしようという記事を読んでいただき、

「いつもと違う場所に行けば、何か変わるかもしれない。」と、実際に1人で旅行もされたそうです。

そしてその後、「結局、寂しいままでした。」なんてことを話してくれました。

非日常は確かに大切なんですよ。
どこかに出かけることで、自分の気持ちに気づいたり、
新しい発見をすることができたり、気持ちをリフレッシュすることができるというのもあるんです。

自分と向き合う時間として使うこともできます。

ただ、心まで絶対に癒やしてくれるかというと、
そういうわけではないんですね。

私もよく孤立をしていたのでわかるんですが
このように寂しい時に必要なのって、非日常ではなく、誰かの存在・人だと思うんですよ。

孤立してない人からしたら不思議に思うのかもしれません。
なかなか周りからは、わかってもらえないことも多いと思います。

ですが、本当は好きで孤立したいわけではないですからね。

それ以外にも私がよくそう思うのが、ゲームをしている時です。

0db89e727e23c1ff9926f50518f51c02_s

基本、ゲームは良くないものと考えられていますよね。

でも、孤立している人からしたら、
例えばオンラインゲームでしたら、他の人がいるので、
少なくとも人との付き合いを感じることができます。

そうではない普通のゲームだとしても、
ほんの少しだけ、誰かの存在を感じることができると思うんです。
ついテレビだったり、パソコンやスマホで動画を見続けてしまう人もそうだと思うんです。

そんなことをしている場合じゃないとは思うんですが、
そうじゃないと寂しくてやっていけないんですよね。

とはいえ、嘘をついてしまうことも、
孤立している状態というのも、良いことではありません。

虚言癖の改善方法に関しては、今までの記事でも沢山話してきていますので、
是非見返していただければと思うのですが、

実はどんなに改善方法を学んでも、気持ちが落ちている状態だと、あんまり効果がないんですよ。
改善方法を学ぶその前に、1つ、やるべきことがあるんです

ですので次回、そのやるべきことについて、記事を書いていきます。

今回はここまでになります。
いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


9 × = 四十 五

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>