「ありがとう」の力。

gf01a201502181300

こんばんは、ノブヒロです。

今回は、少し虚言癖から脱線したお話です。
ですが、とても大切なお話なので、よろしければ読んでみてくださいね。

今回は、「ありがとう。」の力、というテーマでお話をしていきます。

「ありがとう。」の力

ありがとう。

普段日常からよく使う言葉ですよね。
この言葉を使わない人は、おそらくいないと思います。

この、ありがとうなんですが、
相手に感謝を伝えるという点で、とても大事な言葉ですし、
そういった教育を受けてきましたよね。

同時に、この「ありがとう。」には、
物凄いパワーがあると、最近改めて実感させられることがあったのです。

私は最近、いろいろなお店に食べに行くことが増え、
グルメのブログなどを見ながら、美味しそうなところをリサーチして入ったり、
直感で「ここいいかも!」と思った所に入ったりします。

今日も、お昼におしゃれな雰囲気のイタリアンのお店に入ってみました。

入ってみると、お店の雰囲気はおしゃれだし、席もほぼ満席。

繁盛しているお店で、
結論から言うと、ご飯も美味しいご飯だったんですが・・・。

なんだか最初に入った時、お店の雰囲気が暗いんですね。

何故なら店員さんの笑顔がまったくなく、
忙しさに少しイライラした表情をしていたんです。

それを見て、他のお客さんもイライラ。
店員さんに少し怒っているお客さんもいました。

物凄く雰囲気が悪かったんですが、
でもご飯は美味しいし、お水もちゃんとついでくれる人なので、
来てくれる度に、毎回笑顔で「ありがとう。」と、私は言い続けました。

すると、本当に少しずつなんですが、
私の所に来ると、ちょっとずつ笑顔をみせてくれるようになりました。

で、何故か帰る時には「すみませんでした。また来てくださいね。」と仰ってくださり、
とても心が温かくなることがあったのです。

そしてまた行った時には、物凄く親切な対応をされたことがあります。

私は笑顔で「ありがとう。」と言っていただけなのですが、
それだけで、店員さんの雰囲気が柔らかくなったんですよ。

「ありがとう」には、改めてすごい力があるなと、実感したんです。

で、これね、虚言癖で悩んでいる人にも、是非試して欲しいのが、
もし、今虚言癖で友人が少ない。人から信用されない。
人が怖い、どう接すれば良いのかわからないという人がいたら、

お店の店員さんでも、コンビニの店員さんでも、
家族でも、友達でも、先輩後輩でもいいので、
レジの会計終わった後に「ありがとう。」
お水を持ってきてくれた時にも「ありがとう。」

試してみてください。

家族が難しければ、店員さんが一番簡単かと思います。

これを習慣にしていくと、
驚くほど周りの人からの、あなたの見方が変わっていきます。

周りの人から信頼されたり、嬉しい言葉をいただけることも増えます。

是非、そういった事で悩んでいる人がいたら、
ありがとうを試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 1 = 二

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>