虚言癖を改善した状態とは、どういった状態なのか?その2

lgf01a201501131000

前回の続きです。

まだ前回の記事を読んでいない人は、
そちらを読んでから、この記事を読んで下さいね。

さて、前回は虚言癖が改善された状態について、お話をさせていただきました。

そこでは、
・虚言癖の改善=嘘を全くつかない ではない。
・嘘をつく必要がなくなる段階がゴール
というお話をさせていただきました。

では、その嘘をつく必要がなくなる段階とは何なのか?

今回は、その段階について、お話をしていきます。

嘘をつく必要がなくなる段階とは?

嘘をつく必要がなくなる段階。
これが私の目指している虚言癖のゴールです。

その段階になると、具体的にどうなっているのか。
いくつかお話をしていきます。

①自分の理想をしっかり体現している。

「もっと●●だったいいのに。」
「●●になれればよかった。」
「本当は●●でいたい。」

でも現実はそうではないため、嘘をついてしまうというお話を以前もしていました。

逆に言えば、これらが本当にかなっていれば、嘘をつく必要って全くないんですよ。

例えば、「素敵な恋人が欲しい。」
当然ながら本当にいれば、嘘をつく必要ないですよね。

「もっとお金が欲しい。」
実際に収入が上がっていれば、嘘をつく必要はありません。

「本当はかっこよくありたい。」
人それぞれかっこよさはあると思いますが、
おそらくその本質には、「誰かに振り向いて欲しい。」などの気持ちがあるはずです。

仮に、理想どおりのかっこよさではなくても、
その人に振り向いてもらえていれば、嘘をつく必要はありません。

このように、現段階の理想を叶えている状態というのが、まず1つです。

②周りの視線が気にならなくなった時

これも「全く周りの視線を気にしなくなれ!」というお話ではありません。
例えば、どうしても周りからよく見られたい。周りから嫌われたくない。好意的に思われたい。
という想いを持っているとします。

すると、どうなるか。

媚びる、というわけではもちろんないのですが、
自分の思う理想の人気者をイメージし、それを演じ始めてしまいます。

すると自分より人気がある人に嫉妬心が湧いたり、
自分以外の人に好きな人が振り向いてしまえば、マイナスな感情が爆発します。

その結果、自分自身を偽るようになっていくのです。

しかし、現実として、すべての人に好かれようとすればするほど、
自分らしさ、自分の理想というのは表現できなくなっていくのです。

例えば、有名な人だと明石家さんまさん。
さんまさんは、人によっては「面白い人!」とプラスの評価があり、
「うるさい、やかましい人。」というマイナスの評価を持っている人もいるでしょう。

しかし、マイナスの評価の人のために、さんまさんが黙るようになってしまったら、
それはまた違いますよね。

このように、自分の性格を前に出せば、プラスな評価をする人、マイナスな評価をする人、
簡単に言うと、好きになる人、嫌いになる人がどうしても出てきてしまうものなのです。

つまり、周りの視線が気にならなくなった時というのは何かというと、
嫌われる人がいてもいいと思えた時、そのように考えれるようになった時です。

すると、自己を偽ろうとする感情は消え、嘘をつく必要がなくなっていきます。

まだまだ改善された段階というのはあるのですが、
長くなりましたので、続いはまた次回、お話をしていきます。

まとめ

嘘をつく必要がなくなった時の状態の2つ。

①自分の理想をしっかり体現している。
②周りの視線が気にならなくなった時。

とても大事なお話です。

次回も続きをお話していきます。

The following two tabs change content below.
虚言癖カウンセラー ノブヒロ

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


四 − = 3

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>