身近な人に相談できない!どうする?

相手が嘘をついてくるのは、あなたが相手に信用されてないから?

それとも、今の自分よりも実際にない大きさの自分を見せることで、あなたの注目を引きたいから?

相手が親しい人ほど、悩みは大きいでしょう。
苦しい心の内を誰にも相談できず、ひっそりと悩みを抱えている状況は、その精神的負担は相当大きいことだと思います。相手の虚言癖に苦しんでいるなら、なおさら誰に相談していいか分からないということにもなります。

どこに相談先があるのか・・・

そんな時は、インターネットで検索したり、お住まいの近くのクリニックなどで「精神科」「心療内科」などを探す方法もあります。

・・・・が、そもそもどこから手をつけていいか分からないことも多いでしょう。そもそも自分が病んでいないのに、精神科を訪れる理由がなく、途方にくれるかもしれません。

ネットの情報は(本ページも含め)どこまで信用できるか分からないかもしれません。

また、仮に精神科にたどり着いたとしても、本当に診てもらいたい人が、精神科を訪れることは、可能性が低いでしょう。

親しい人に相談したが最後、逆に自分の人格が疑われたら、どうしよう・・・とやはり悩みはつきないでしょう。

では、最初はどこに相談したらいいのでしょうか?

最初にここに相談する手もある

あなたが決断が難しい状況にあり、そして、親しい人に話せるような状況でない場合、相談の最初の一手になるかもしれないのが、精神保健福祉センターの活用です。「こころの相談ダイヤル」ともいえるかもしれません。

こちらには様々な相談が寄せられており、個人情報が漏れる心配はありません。

これは全国にある公共機関ですので、ここからしかるべき病院やクリニックを紹介してもらえるかもしれません。

厚生労働省のホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188813.html

に詳しく載っていますが、かいつまんで申し上げると、こころの健康相談ダイヤル(0570-064-556)がこころの健康相談ダイヤルとして、全国共通の番号でお住まいの地域の公的な相談機関に接続されるのです。

平成30年4月の段階で、全都道府県・政令指定都市に共通の電話場号となっていますが、各都道府県ごとに運用時間や定休日がありますので、かける際はご確認ください。

緊急時は、ぜひご利用を検討してみてください。

我々のサイトでは、ご相談を承ってはおりますが、いろいろな角度から考え、お客様の安心につながる回答をするべく熟考をしてお返事するため、少々お時間がかかっております(汗)。

The following two tabs change content below.
ミツヲ

ミツヲ

コンサルタント養成の通信教育を経て、「人と人との結びつきの大切さ」 「歩み寄ってお互いの接点を見出すことの大切さ」を学びました。 問題や悩みに向き合うことは大変ですが、行動すればきっと一歩前進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ミツヲ

コンサルタント養成の通信教育を経て、「人と人との結びつきの大切さ」 「歩み寄ってお互いの接点を見出すことの大切さ」を学びました。 問題や悩みに向き合うことは大変ですが、行動すればきっと一歩前進します。