嘘は全て悪いものなのか?

こんばんは、ノブヒロです。

虚言癖.comを開設してから、
ここまで、様々な嘘に対するお話をしてきました。

ですが、「嘘」は全て悪いものなのか?
いい「嘘」もあるのではないか?

といった疑問に対して、
また記事でお答えをしていませんでした。

なので、今回は、
「嘘」は全て悪いものなのか?
というテーマで、お話をしていきます。

嘘は全て悪いものなのか?

これまでの記事の中でも、
虚言癖を治す方法や、虚言癖の原因、
虚言癖の人の対処法など、様々なお話をしてきました。

その中で、
「嘘」は全て悪いもなのでしょうか?
という疑問を持たれた方もいると思います。

結論から言うと、「嘘」というのは、
コントロールできるようになった時、
正しい使い方をすることで、

人間関係を改善したり、
自分を変えるきっかけを作ることができるようになるのです。

例えばです。

スポーツの試合でも、
何かの発表会でもいいのですが、

凄く緊張している時に、
「緊張してる?」と聞かれて、

「いや!緊張してない!大丈夫!」
と、周りに宣言する時はなかったでしょうか?

これって、明らかに嘘ではあるんですけれど、
そう宣言することで、自分の緊張を抑えたり、

周りに宣言した以上、緊張しないようにしようと、
深呼吸をしたり、手に人を書いて飲んでみたり・・・。

緊張を和らげて、自分を鼓舞する。
そういった事をした経験ってあると思うんですね。

これは、果たして「悪い嘘」でしょうか?

またそれ以外でも、落ち込んでいる後輩に対して、
「○○さんも頑張ってるって言ってたよ。」と、相手を立てるような嘘をついたこともあると思います。

これらは私は悪い嘘だとは思っていません。
このように嘘も、使い方によっては、非常にプラスな力にできるんです。

もちろん、普段から、どうしても嘘を止められないという方が、
落ち込んでいる人に対して「○○さんも頑張ってるって言ってたよ。」と言うと、
「本当に言ってたのかな?」と疑われ、マイナスなイメージを持たれてしまう事はあります。

最終的には、今までの印象などに左右される物もありますが、
ですが、全ての嘘が悪いというわけではないんですね。

相手を想う嘘、相手を立てる嘘、自分を鼓舞するための嘘、
自分を成長させるための嘘は、使ってもいい
と思っています。

もちろん、使い方を間違えれば、逆効果になるので注意は必要ですが、
虚言癖を治していく上で、「嘘は全くつかないようにする!!」と、
無理に全ての嘘をつかないようにする必要はないということです。

 

嘘も正しく使えばいいのです。
そのために嘘をコントロールできるように、
今までも記事で、虚言癖の治し方を伝えていますので、
是非そちらを読んでくださいね。

まとめ

もし全く嘘をついてはいけないと、
自分を追い込んでいる方がいましたら、

ついていい嘘もあるんだと、
認めてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

虚言癖カウンセラー ノブヒロ

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。