無意識につく「嘘」に苦しんでいる人々がいます。

無意識につく「嘘」に苦しんでいる人々


嘘をつくという事は、誰で多かれ少なかれあることとです。

もちろんあまり良い事ではありませんが、嘘をつくことで人間関係が円滑になったり、人を傷つけないために嘘をつかざるを得ない場合もあります。

一般的にはうそをつく時には自覚があり、その後どうなるかまでを考えていることがほとんどです。

しかし、世の中には無意識に嘘をついてしまい、それに苦しんでいる人々がいます。

それが一般的に「虚言癖」と呼ばれる人々です。

「パーソナリティ障害」「ミュンヒハウゼン症候群」


虚言癖は厳密には病名ではありませんが、大げさな言動で注目を集める演技性パーソナリティ障害や、病気を装って同情をひいたり、自傷を行うミュンヒハウゼン症候群と診断されることもあります。

どちらも人の注目を自分に集めたいという気持ちが強い病気です。

このように、虚言癖の人々には、他人の注目を集めたいという気持ちが強く働いています。

周囲の信用を失い孤独に陥ったりします


またプライドが高く虚栄心を満たしたい反面、現実の自分に対してコンプレックスを持ち、よりよい自分を想像して嘘をついてしまったりします。

このような虚言癖の嘘は幼少期から始まり、当初はささいなものであった嘘がどんどんと深刻なものになっていく傾向があります。

ついには会社のプロジェクトに大きな損害を与えたり、周囲の信用を失い孤独に陥ったりします。

しかし虚言癖の人々は自覚なく嘘をつき、悪意もありません。

深刻な結果に陥って初めて事態を把握することになります。自覚も悪意もないため、自分で改善することは非常に困難です。

虚言癖の改善に専門家の力は必要です


虚言癖の改善には、専門家の力も借りていくことが重要です。

まず、嘘をついているということを自覚することが必要です。そのためには専門家のカウンセリングが有効です。

カウンセリングによって少しずつ嘘を認識し、原因を突き止めていきましょう。

虚言癖には、幼少期の親子関係や大きなトラウマが関係していることも多く、それを突き止め、過去の問題を解きほぐすことによって少しずつ改善を図ることが可能です。

もしあなた自身が嘘をつくことによって苦しんでいるなら、一度専門家の話を伺う事をお勧めします。

誰かに悩みを相談したり話を聞いてもらうことから始めてみるのもアリだと思います。

カウンセリングによって少しずつ改善した例


ちなみに、前にご相談を頂いた方へ【利用者満足度93%のオンラインカウンセリング】というサービスを教えましたところ、何度か相談していくうちに改善していくことができたとご報告がありました。

ですのでもしあなたの悩みが解決するなら【利用者満足度93%のオンラインカウンセリング】を利用してみるのもアリだと思います。

メッセージだけのカウンセリング、電話でのカウンセリングなどあなたの相談したい内容に合わせることができる上に、150名以上もの専門家からあなたが選んで悩みを聞いてもらえます。

誰にも知られず、匿名での相談が可能ですので一度、使ってみるのも良いと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。