パーソナリティー障害の虚言癖の特徴を教えます!

自己中な性格、寂しがりや、目立ちたがり


時と場合によっては、誰でも悪意のない嘘を付くことがありますが、頻繁に嘘をつく人はパーソナリティー障害の虚言癖の可能性があります。

わがままで自己中心的な性格をしていたり、寂しがりや、目立ちたがりなどの特徴があります。

演技性パーソナリティーの虚言癖は、自分を実際よりも良く見せたり、注目を集めるために嘘を付くことが多いです。

自分の育ちや学歴などを偽ったり、有名人と知り合いだと話すことがあります。

演技性パーソナリティーは、嘘を付いても相手に注目されないと落ち込むことが多いです。

統合失調症などの持病がある場合は、脳の機能の障害などの影響で周囲の人に嘘つきだと思われてしまう場合があります。

妄想性パーソナリティー障害とは


妄想性パーソナリティー障害は、自分は誰かに見張られていると感じたり、事実ではないことを本当のように感じることがあります。

また、妄想の話を事実のように話してしまうので、周囲の人からの信用を失う可能性があります。

他人からお金や物品を奪い取るためや、性行為を持つことが目的で嘘を付くことがあります。

お金や物品、肉体などを奪ってしまうと、反社会的な行動になってしまうため、警察沙汰に発展することがあります。

パーソナリティー障害の虚言癖とは


パーソナリティー障害の虚言癖の場合は、下手をすると警察沙汰になり、逮捕されてしまう可能性があります。

虚言癖のある人との接し方は、職場などの上司や同僚でない場合はあまり関わらないことが大事です。

話を真剣に聞いてしまうと、相手は近寄ってくるのでなるべく話半分に聞くようにして下さい。

見栄っ張りで自分を良く見せたい、注目されたいなどの願望があると、何度も嘘を重ねてしまうことがあります。

身近に虚言癖のある人がいる場合は、適度に距離を置くことが大事です。

ABOUTこの記事をかいた人

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。