南阿佐ヶ谷こもれびメンタルクリニック

クリニックの特徴

南阿佐ケ谷駅から徒歩4分の「南阿佐ヶ谷こもれびメンタルクリニック」。

2020年に青梅街道沿いの医療モール内に開業した。院長の岡田大輔先生は、大規模病院のスーパー救急病棟(精神科救急入院料病棟)で勤務し、精神科外来医長を務めた経験を持つ。

同院のコンセプトは「温かく明るく爽やかに」で、不安や不眠、PMS(月経前症候群)、認知症など幅広い症状に対応している。精神保健福祉士と看護師が常駐しているのも特徴だ。

精神保健福祉士は、クリニック・患者・医療機関・福祉サービスの間を取り持つ存在で、状況に合わせて医療・福祉サービスの情報を患者に提供している。院内は木目の風合いを生かし、グリーンとオレンジを基調とした明るい雰囲気。

クリニック名の「こもれび」には「不安を感じる患者さんの、一筋の光でありたい」という岡田院長の思いが込められている。

施設名 南阿佐ヶ谷こもれびメンタルクリニック
診療科目 精神科 心療内科
電話番号 03-5378-5001
所在地 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-9-3 HEALTH 3F
公式サイト https://tamura-mental.com/

 ※新型コロナウイルス感染拡大により、診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。