東銀座クリニック

クリニックの特徴

2013年に開業した銀座の新名所、歌舞伎座タワー。

その16階にあるのが「東銀座クリニック」だ。院長を務める大江康雄医師は1996年から東銀座でクリニックを開業。

「もっと銀座地域の医療の充実に努めたい」との思いから、歌舞伎座タワーへの移転を決めた。白やベージュを基調にした院内は優しい雰囲気。

診察室の窓の向こうには見事な眺望が開けている。そんな居心地の良い空間で診察を行う大江院長は、優しく誠実な人柄が人気。

最近は、職場でのメンタルヘルス対策に注力しており、メンタル疾患で休職した患者らのスムーズな社会復帰を支援することはもちろん、過剰なストレスや超過勤務からうつ病などの予備軍と思われる人々の発症予防にも力を入れる。

「2015年には制度が変わり、社員50名以上の会社においてストレスチェックが義務化されるなど、さらに、予防対策に重点が置かれます。

そうした中、いかにして企業と医師が連携し、健全な職場環境の育成を推進できるか。

それが、今後の課題だと思います」と大江院長。今後はカウンセラーの常勤化を図るなど、ますます患者一人ひとりのニーズに合った治療の提供に努めていく。

施設名 東銀座クリニック
診療科目 精神科 心療内科
電話番号 03-5565-5533
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15  歌舞伎座タワー16F
公式サイト http://www.higashiginzaclinic.com/

 ※新型コロナウイルス感染拡大により、診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。