あざみ野メンタルクリニック

クリニックの特徴

昭和大学藤が丘病院の精神科医である村田琢彦先生は、1998年に首都圏のベッドタウンとして人気の町あざみ野に初の精神科専門クリニックとなる「あざみ野メンタルクリニック」を開業した。

駅から徒歩3分とアクセスもよく、1階に漢方薬局があるビルの2階に位置する。

精神科は閉ざされている、というイメージを払拭するかのような明るい待合室と、優しい笑顔で迎えてくれる受付のスタッフが印象的だ。

クリニックの専門は「うつ」と「不安」。世間で「うつ」に関する情報が独り歩きし、気分が沈んでいる原因をすべて「うつ」と考えてしまう傾向があるという。

実際に薬物療法が必要である患者さんも多いため、クリニックでは初診の際、治療が必要であるか、カウンセリングが必要であるのかなど、心のわだかまりを最初に整理してくれる。

「このもやもや感は何だろう」と思ったら、ひとりで悩まずドクターに相談することが解決への近道だろう。

木曜は20時まで、土曜も毎週診療を行っているため、平日勤務の会社員が仕事を休むことなく通えるということも嬉しい。

施設名 あざみ野メンタルクリニック
診療科目 精神科 心療内科
電話番号 045-909-1722
所在地 〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-9-2
公式サイト http://azamino-m-c.com/index.html

 ※新型コロナウイルス感染拡大により、診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。