静波こころの診療所

クリニックの特徴

JR大阪環状線天満駅・地下鉄堺筋線の扇町駅近くにあり、天神橋筋六丁目駅からもアクセス可能な場所にあり、にぎやかな天神橋筋商店街近くにある「静波こころの診療所」。

2014年に開業した、心療内科・精神科・児童精神科を標榜する診療所だ。特徴は、理事長の植月俊介(うえつき・しゅんすけ)先生と、院長の呉家学(くれや・まなぶ)先生による2人体制にある。

息の合った2人のドクターが、あくまで主治医としてそれぞれのケースに対応するが、常勤医が2人いることで、主治医不在の緊急時や、家族同士で主治医を分けたいとき、セカンドオピニオンを受けたいときなど、さまざまなケースに柔軟な対応ができるのだそう。

また同診療所は、施設内に「心理カウンセリング部門」を開設。

ここでは知能検査や性格検査、記憶検査の各種検査に対応し、臨床心理士によるカウンセリングを実施している。

子どもの発達障害や、職場のストレスマネジメント、認知症の診断に加え、うつ病など、あらゆるケースに広く相談に乗っているという。

心療内科・精神科はハードルが高いと躊躇している人たちに、ぜひ一度訪れてもらいたい診療所だ。

施設名 静波こころの診療所
診療科目 精神科 心療内科 児童精神科
電話番号 06-6585-0868
所在地 〒530-0034 大阪府大阪市北区錦町3-7 グランフォースビル3F
公式サイト https://shizunami-kokoro-clinic.com/

 ※新型コロナウイルス感染拡大により、診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。