小さい頃からの虚言癖に自覚し始めた。(長文)

小さい頃からの虚言癖に自覚し始めた

※相談者に許可を頂いて公開しております。

突然のメールし失礼します。

自分は小さい頃からの虚言癖です。最近になってやっと自覚と言うか前々から気付いてはいたのですが本格的に自覚し始めたという方が正しいです。

主についてしまう人は親(特に母)と周りの友達です。かなり自分語りをします。ごめんなさい。

少し身体的な発達が遅く運動が苦手で周りの子の迷惑になってたんです。ですが普通に良い先生がいて、助けてくれながら通えてました。

ですがその先生方がいなくなるにつれて私への扱いが酷くなったらしいです。

そんな時に私は全身痣だらけ生傷だらけメガネは曲がりきって帰ってきたそうです。

私はこう言ったらしいですと言うかうっすらどう言ったかは覚えてます。

「xxちゃんとxxくんとxxくん(全員同い年の子)が意地悪をしてきたけどooちゃんが途中でおんぶしてくれて助けてくれたの」はっきり覚えてるのはooちゃんが助けてくれたってのは嘘です。

そうあって欲しかった、と言う理想?のような物を口に出しただけです。
それだけは覚えてます。

話も盛ってしまう癖

数名人数を盛ったのも何となく覚えてます。

xxちゃんは母が前から嫌いだ、仲良くあまりするなと言ってた記憶がうっすらあるのでもしかしたら母が自分の嫌いな子が悪い事をしたと言ったら喜ぶと思って名前を出したのかもしれません。

真相はわかりませんが。

自分の記憶にはありませんが階段の昇り降りが苦手だったのにたいしゆっくり降りてるのに先生方が通るのに邪魔だと感じたのか突き飛ばしたりして階段から落ちそうになってたりしたとか。

(これは母の言ってた事なので本当かどうかは知りません)こういった事もあったので母はすぐに対処に働きました。

自分の記憶にあるのは上級生の人?らしき人に殴られたりブランコから落とされたりしてる記憶はあります。ですがうっすらなので定かではないしこの人達とも言えないですがこういう類が本当はやったのではないかなと思います。

これが私の記憶の中にある1番古い嘘です。

その前から嘘はついてた

多分その前から嘘はついてたと思います。

昔から怒ると殴る蹴る等の暴力がある母でしたので自然とどこかで怯えてたのかもしれません。

暴言はもしかしたらほぼ毎日かもしれません。

お前なんかいらないとか死ねとか産まなきゃよかったとかは普通に喧嘩をしてなくても母の機嫌が悪いとだいたい言われてます。

母は自分の機嫌が悪いと結構周りに暴言として当たったりする傾向はあったかもしれないです。

愛情を感じない訳ではなかった

父は自分の用事で良く家をあけてました。

でも私が悪い事をしたからであって怒られて当然だし殴る蹴るが当たり前だったのでそれだけの悪い事をしたのだと思ってますから普通の虐待とかとは違うと思ってます。

愛情を感じない訳ではなかったですしただ自分の感情に任せて暴力はふるってないので大丈夫だと思います。
でも正直傷ついてる自分もいます。

悪い事をしなければいい話なのに自分で墓穴を掘ってるだけなのに傷つくとか馬鹿らしいです。

その後は保育所から別の幼稚園に変わり、多分嘘ついたり何だりはしてました。

細々とした親や友達についた嘘は覚えてます。
うっすらとですが。

転校してから・・・

無事に卒園もし、友達もいて、彼女達と同じ小学校に進学し、普通に過ごしてました。

ですが入学した年度がたまたま知的障害等を持ってる方が多く入学しており大怪我に至るかもしれなかった事故や突発性難聴を起こすくらいの暴力などもあり、転校することになったんです。

新しく行った小学校は前いた所から比べると自分の住んでる所の中心部にあたる場所で比べ物にならないくらいいろいろ進んでたんです。(前は本当に山の中でした。)
そこでまず気づかなかったのはカースト制度でした。

田舎の小学校にあるはずがないので全然気づかず上位カーストにも何も気を使わず接してましたし普通の子にも変わらず接してました。

それが気に食わなかったのか何がダメだったのかわかりませんが(まぁ私かなり変わってるし空気を読む事がすごく苦手だったのでそれもあると思うのは察してます。)一軍女子(3人女子がメイン)の1人にすごく嫌われてしまったんです。(まあ後々3人共々嫌われますが)

授業中や休み時間等に嫌がらせやあまり気分の良くならない私の話をばらまいたりという感じです。

転校してきた当初から仲良くしてた子2人いたんですけど1人の子を奪った形になったんです。

周りの子との環境のギャップにも悩んでしまった

それに気づいたのはその子と遊ぶ約束をしてたのに来ない事が続いたのかな?で、問い詰めたら私を嫌ってる子と遊んでたから行かなかったと言ったのと前にその子と嫌われてる子と一緒に歩いて帰る所をたまたま通った時仲良かった子が「(私の本名)誘わなくていいの?」って聞いた時「あいつなんか嫌いだし」と本人真隣にいるのにバッサリそう言われたのであの子私の友達取ろうとしてるなって小学2年生ながらに気づいたんです。

そして周りの子との環境のギャップにも悩んでしまったんです。

あからさまな嘘を同級生につくようになった

みんな若いお母さんお父さんで兄弟もいて小学校の区域内でお友達といつでも遊べる感じでしたが私は校区外から通ってましたし父も母も高齢出産だったのでかなり歳をとっているし兄弟もいなかったのでそこで合わせようとして兄弟はいないけどいとこを預かってると嘘をついたりしてました。

そこら辺からあからさまな嘘を同級生につくようになったと思います。

あとは無理に友達と放課後遊ぼうと思って着替えをわざわざ持って行ってまで合わせてました。

そんな努力とは言えませんが報われず一軍の特定の1人からの意地悪のようなものはエスカレートし、残ってくれた1人の友達を人質にしたりしたような遊びをしてきたり相変わらず運動は苦手なのでそういう面で苦痛を感じるような事をしてきたり平気で人の聞こえる所で悪口は言うしと悪くなる一方でした。

私自身の嘘つきも悪化していくだけ

それともう1つ、当時流行ってたゲームがあったんです。それを買ってもらえてないのもありました。話がついていけなかったんです。

1度持ってると嘘をついて見た事もありましたがまぁバレますよね笑

3年生に上がってからも状況は変わる事なく私自身の嘘つきも悪化していくだけでした。

やっとそのゲーム買ってもらえたのですがもちろんブームは終わってるので意味も無いし1人だけやっぱりいろいろ取り残されてました。(私はどハマりしてました)

そのゲームの登場キャラクターでバイオリンを弾く子がいるんですが私はそのキャラがすごく好きでバイオリンがしたかったんです。

当たり前ですがさせてもらえませんでしたが笑

ですがやってると言ったりクラスメイトの持ってる謎のぬいぐるみがブームになった時は自分も同じようなものを持ってると言ったりと明らかにあいつ嘘ついてるってわかる行動が見えてきてたんです。

そんな馬鹿な事をしたのか信じられません

今思えば何でそんな馬鹿な事をしたのか信じられません…どう頑張っても嘘だろそんなの…って思います。

そして新しく赴任してきた先生が担任になったのでそんな嘘ついたり何だりしてたら当たり前だと今なら思えますが先生に例の一軍の子が意地悪をしてくると母から伝えてもらったのですが「うちのクラスの子はそんな事はしません。(私の本名)さんは嘘つきです。」

確かにそう言ってたと母から伝えられた時はドキリとはしました。

嘘実際ついてますし。(最終的に担任はクラスの人の裏表のひどさがわかって3年の終わりに私が間違ってましたと謝って来ましたが)

4年生で不登校になりました

この調子で細々と親にもクラスの人にも嘘をついたりしつつ行ってましたがやっぱり一軍の女子が好きな物等を合わせないと外される傾向があり(この時は好きな服のブランドとか女性アイドルアイドルとか芸能人だったかな。

私は女の子向けのいわゆる女児向けゲームが好きでした。)ここら辺の年齢になってくるとスマホの普及もあり情報にみんな特化してきてましたが頭の硬い両親だったのでもちろんスマホは持ってないしどんどん自分は違う物が好きになって話が合わなくなりず疲れてしまい4年生で不登校になりました。

1ヶ月くらい丸々行きませんでした。

さらに嘘を重ねる始末・・・

どう言った経緯でかは忘れましたが母には多分心配させないようになのか、それとも自分の理想をまた口にしただけなのか、両方なのかはわかりませんが、一軍のもう1人の子(ややこしくなって来たので3人をA、B、Cとします。意地悪を1番最初にしてきた子をAちゃんとします。)Bちゃんと仲良くなったと嘘ついたんです。

しかも超親密になったって。(ちなみにCちゃんは実を言うとちょくちょく仲良くはしてきてました(まあ友達取るためにだと思いますが))なので仲間外れにされたら泣いてました笑
本当に友達だと思い込んでたので笑
馬鹿馬鹿しいです笑

「学校に来ないで欲しい」

そしてクラスの人にも1ヶ月何してたの?ってもちろんなると思いますが素直に学校来るのが辛いから休んでたーなんて言えなかったので父の仕事の都合で海外に言ってたとこれもモロわかる嘘ですがそうやって誤魔化したつもりでいました。

(多分それから家がすごくお金持ちに見えるように振舞ってたと思います)(いやそれ以前から周りが何でも物を買い与えてもらってもらってる子ばかりだったのでそういう振る舞いや嘘はついてたと思います。)

でも程なくして全く次の学年に上がるまで行かなくなりました。

次の学年になっても結局先生は何も対応が出来ない人だったので学級崩壊まで起こし、私の事を守る事が出来ないので来ないで欲しいとまで言われた程でした。
その間私は多分本当に1人で寂しかったのでしょうね。

パソコンが与えられてたのですがBちゃんとネットでやり取りをしてるとか(全然本当は違うネ友さんです)近所で友達が出来たと架空の友達を作って嘘の作り話をしたりしてました。

嘘が1番悪化して来てたのはここら辺

今考えると嘘が1番悪化して来てたのはここら辺だと思います。

小6でも結局良い先生には出会えずむしろ意地悪をして来るような生徒の味方につく先生でしたし私も私で先に書いたように母と喧嘩すると暴力沙汰になるのでそれを落ち着かせる為に母のあまり好きではない子の虚偽の悪口を言ったりして喧嘩を納めてたので母はすぐそれを学校に言うので最終的には私を最後まで守って一緒にいてくれた友達すら裏切って嘘の悪口を母に言って先生と話し合い沙汰になり結局1人になりました。

当たり前です。私が悪いのですから。当時も罪悪感はかなりあったと思います。

人を傷つける嘘もつくようになった

思い出しましたがいわゆる人を傷つける嘘にこの頃からなってたと思います。

転校したり引っ越したりすることもないのにそういう事をその残ってくれた友達にまで言ったりしてました。

もう転校して初っ端からの色々な事に対応しきれず精神的に狂ってたと思います。

いやもっと昔から狂ってたのかもしれません。

今更後悔してます

今思うと最後までいてくれた友達にこれらを全て打ち明けるべきだったと思って今更後悔してます。

母はその子の母親と仲があまり良くなかったので気に入ってはいませんでしたが。

その頃から私はネットミュージック(ボカロや歌い手さんですね)にハマり、私もこうなりたい!歌ってみたい!曲を作ってみたい!と思うようになります。

ですが私は前に母に1度モデルがやりたいと言ったことがありました。

(今思うとお前馬鹿じゃないの(n回目)って本当に思います。ただあの輝く姿になりたかったんだと。)
当時拒食症だったのでかなりガリガリに痩せてたのでやれると思ってたからです。(アホすぎます)

結局中学でも上手くいかず不登校に

まあでも母はもちろんダメだと言いましたし芸能界系は汚いから絶対ダメと言われたのもありますし小さい頃から手に職をつけなさい、遠回しでしたが公務員やそう言う年収のいい仕事につけと取れるような発言(と言うか自分が最初持った将来の夢が医者か薬剤師だったので)をされて来たので余計言いづらく、そこで私がまた思いついたのはそういう仕事をしてる方と繋がった、仲良くなったと言えば良いんだと言うまた嘘をつく方法でした。

前にもモデルの件でやってるし信じてくれるだろうと思ったんです。ワンクッション置いたつもりでいたんです。

母はもちろん信じました。結局中学でも上手くいかず不登校にまたなりましたし母は嘘と言うよりもはや作り話です。信じきっていたので活動をする為の機材を手に入れることも出来ましたし、レッスンも通えました。

話をする度にお名前を借りる人がどんどん増えていきリアルの知り合いやネ友さんもああいう有名人と繋がってると言う事まで飛び出しました。有名人の名前を借りた自分の本や漫画やネットで見た内容を綺麗に自分なりに考えて作った作り話です本当に。

名前を使ってしまった方には申し訳ないです。もしかしたら既に現実との区別がつかなくなってたのかもしれません。

今は意味の無い嘘をついてしまう事が多々あります

その作り話をする生活は2年生の途中まで続きました。

中学変わって嘘をつきにくい状況になったと言うのと私の事をまだ受け入れてくれる環境になった事と好きだった物(と言うか人です)があまり良い行動を起こさなくなったので自分があまり好きではなくなったのと同時に「あの人たち切った」と言って作り話はある程度終えました。

それからは学校であった事を盛って話したり作り話の1人の登場人物ですね。

その一人の人の名前を使う事だけやめれなかったのですが中学を卒業し、高校に入り、それも去年の初夏くらいにスパッとやめれました。

今は意味の無い嘘をついてしまう事が多々あるんです。

もう虚言癖をいい加減綺麗に治したいんです。

何度も何度も治そう気をつけようやめようとした

何度も何度も治そう気をつけようやめようとしても途中でついてしまってなかなか完治しないんです。

今ありえないような嘘をつくのはやめれてますがいつ戻ってしまうのか怖いです。

話す時いつも嘘ついてないかと気をはってるのも疲れてしまいます。

そして母に嘘をついてしまったことにとても罪悪感を覚えてしまい謝った方がいいのか、でも殴られたり最悪首を絞めて来たりもするのでそういう事になるのも怖いし誰にも打ち明けられず辛かったです。

カウンセリングや心療内科等に受診したかった

せっかく大切に私のために親身になって接してきてくれてたのに私は全て騙してたのなんて辛すぎます。

自分が悪いのにそんなこと言える立場かよって話ですが。
なのでここを利用させてもらいました。

カウンセリングや心療内科等に受診したかったししたいと母にも言ったのですがいいよと言ってはいましたが後々嫌な顔をしてくるのはわかってますし自分もお金がなかったのでそういうのはしてません。

それとこういう機関に相談してしまえば甘えてしまい自分で努力しなくなってまたひどい状況に戻ってしまうのではないかと思ってしまったのもあります。

まとまってない文章、とてつもなく長い、誤字脱字等もあると思いますがここまで読んでくださってありがとうございました。

誰かを傷つける嘘はなくなった(気づいてないだけかもしれないので少なくなったですね)と思いますが無駄に盛った話などが多いしうっかり大嘘をつきそうになることもしばしばあります。

もう嘘つきはやめたいんです。ここまで思ってるのになんでやめれないのか自分でも不思議です。

何が原因で嘘をついてるのか・・・

一日中ずっと悩んでるのも本当に疲れて気分も重く疲れました。

何が原因で嘘をついてるのかは自分でもまだ良くはわかってないです。

思い出そうと思えば昔ついた嘘はどんどん出てきます。

書ききれてません。出来るなら過去に戻って消し去りたいです。

何で自分でもそんな事をしたのかわかりません。

虚言癖には明確な理由がありますが私は全然自分でわかってないです。

気付かないふりをしてるだけかもしれませんが。

こんな事を送ってもどうしようもない事はわかってます。ですが自分で考えるのに限界が来たので頼らせて頂きます。

ABOUTこの記事をかいた人

小さい頃から自分の虚言癖に悩まされていました。 「つい嘘をついてしまう。」とGoogleで検索することも多々ありました。 私自身が、虚言癖を治すまでに得た経験が、 何かの役に立てば幸いです。